2012年10月15日

吃音になる原因には?





吃音になる原因には色々な説や考え方がありますが、はっきりとした原因は未だ解明されていないのが実情です。

しかし、おおまかに分けると2つの原因があると考えられています。

ひとつは精神的なもの、すなわち強いストレスや感受性の強さなどが吃音を発生させるというもの。

そして、もうひとつは器質的疾患によるものです。

例えば、幼児期に吃音が見られたとしても、親や周囲の人があまりにもそれを気にして本人に指摘するなどの行為を繰り返すのはよくありません。

指摘することで本人にも次第に人と違って恥ずかしい、悪いことだといった意識が芽生えてしまい、その恐怖と強いプレッシャー(細部にはあまりこだわらず、結果に意識を集中させるとよいそうです)から、ますます症状が進んでしまうということがあるそうです。

また、両親のしつけが厳しい、ストレスの多い環境であるなんて事にもが原因となり、吃音を起こしてしまう場合もあるらしいです。

もう一つの原因の器質的疾患というのは、頭部から首部分の発語筋や、横隔膜、声帯などといった機能に何らかの問題があるために吃音が出るというものです。

また、非常に強い急激なストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)により、発作的なケイレンが起き、吃音がでてしまうという場合もあります。

いずれにしろ、ストレスが影響を与えていることが特に多く、呼吸器系とのミスマッチを起こしてしまうことが原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)につながるという考え方が有力なようです。

吃音は女性に比べて圧倒的に男性が多いのは、子どもの頃から干渉が多く、過剰なプレッシャーがかかりやすいからという考え方もありますが、根本的な原因はわかっていないのです。








吃音を治す方法はコチラ!

posted by 吃音の原因 at 15:09| 吃音・知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。